求人情報などで見かける福利厚生って何?

「福利厚生」について解説していくサイト

福利厚生の相談窓口や関連情報を紹介

福利厚生に関する相談窓口を紹介

例えば自社の福利厚生に関して「何かおかしいと思う」とか「もっとこうすればよくなるのでは?」という疑問や提案が浮かんだ場合、それらが実現可能なのか、妥当なのか、そういった部分の回答を専門家が行ってくれるサイトがあります。
それが「日本の人事部」というサイトです。
弁護士や企業診断士、更には人事部の経験者など、様々な分野のプロが、会社の福利厚生についての相談や疑問に意見を述べてくれるサイトとなっています。
もちろん福利厚生だけでなく、企業研修や採用、人事評価、人材開発などの部分でも、専門家が質問を待っているので、一社員に限らず、実際に福利厚生を施す側の会社側の人たちにも、参考となるサイトかもしれません。

個人事業主が持っておくべき福利厚生

個人事業主というのは、文字通り雇われているのではなく、自分自身を事業の主体としている人のことを言います。
特にクリエイティブな仕事に多く、例えばアニメーターや漫画家などは、日本においてはほとんどが個人事業主という扱いになっています(もちろん社員待遇の人もいますし、特に米国では社員待遇の場合が多いです)。
個人事業主は社員ではないので社会保険が受けられない、したがって福利厚生も無い、と考えてしまう人がいるかもしれませんが、それは間違いで、民間企業が低価格で社員並みの福利厚生を提供してくれる例は多数存在します。
もしも自分が個人事業主で、低収入でも生活の質を維持向上させたいと福利厚生を望んでいる場合は、そうした民間の個人事業主向けサービスを探すことはとても価値のあることです。


▲先頭へ戻る