便利さの裏には危険が潜んでいるSNS

>

何気なく使っているSNS

偽のアカウント

SNSには本人確認をしているサービスもありますが、全てが本人確認をしているわけではなく、実在の人物ではなく架空の人物に成りすましてコンタクトをとってくる者がいます。
そして、その架空の人物がする投稿には不正なリンクが貼ってある可能性があり、思わぬトラブルに巻き込まれるのです。

安易に架空の人物を信用してしまいますと詐欺などの被害者になりかねますので、良い話や誘いには疑いの目で見る必要があります。

ワンクリック詐欺など良い例でリンク先がアダルトサイトだったり詐欺目的のコミュニティーサイトだったりしますので、架空の人物か本人か慎重に確認する必要があります。

個人情報を収集する目的の可能性もありますので、SNSでのやり取りを過信しすぎるのは危険だと言えます。

なりすまし

架空の人物以外にSNSでは著名人になりすまして様々な悪用をする者も多数います。
著名人ならば実在している人物なので、投稿やコミュニケーションがうまければ信じてしまうかもしれません。
本人がコンタクトとってくるはずないと思っていても言葉巧みに騙されてしまうかもしれません。

しかし、著名人などの場合は本人のホームページなどでそのSNSを利用しているかどうか確認ができますので公式の情報を見ましょう。

逆に著名人を騙すケースもあり、悪用している本人は匿名なのでなかなか検挙には至らないこともあります。

どのケースも確認不足からの被害が多いので、やはりSNS上では本人確認をするべきだということと、安易に共有できるように登録はしないようにすることが良いでしょう。


この記事をシェアする