便利さの裏には危険が潜んでいるSNS

>

知らずに加害者になってしまっている

SNS上での犯罪例

犯罪の例にはちょっとしたイタズラでも犯罪になり得るケースがあります。
なりすましと言われる他人になったふりをしてイタズラをする行為です。
悪質なイタズラとして検挙はされないこともありますが、企業などが相手の場合は業務妨害として扱われます。

過度な悪口なども訴えられる可能性があります。
プライバシーの侵害や個人情報などを含めた悪評は名誉棄損などの罪になりますので、注意しましょう。
本人と向き合っていない状態なので強気に出てしまう傾向がSNSにはありますので、人間を相手にしていることを頭に入れた書き込みをしましょう。

このように、犯罪をするつもりが無くても度が過ぎてしまって罪になるケースがSNSには多くあります。

知らなかったではすまない犯罪

軽い気持ちでやってしまったことが犯罪になっていることもあります。
これはSNSに限ったことではありませんが、著作権が自分ではない著作物のアップロードとそれを知りながらのダウンロードです。
違法にアップロードされた物と知らないケースが多いのですが、最近では違法としってのダウンロードは罪に問われるようになりました。

SNS等で犯罪のニュースが多いとされているのが犯行予告です。
気に入らない団体や個人などに脅迫じみた書き込みや犯行の書き込みはちょっとしたイタズラでも罪に問われます。
罪の種類は違うのですが業務などに支障をきたす場合威力業務妨害になり、イタズラでも軽犯罪法違反になる場合があります。
他人の迷惑を考えた書き込みをしなければ知らずに加害者になり得るので注意しましょう。


この記事をシェアする